中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  アウディ >  A8
A8「アウディ」のカタログ情報!

A8のカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2018年01月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
1140万円~2262万円
JC08モード燃費
8.9km/L~12.5km/L
10・15モード燃費
排気量
2994cc~6298cc
最高出力
310ps~500ps
駆動方式
4WD
スケール
5145mm×1950mm×1465mm/他
乗車定員
4/5名


A8のグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
3.0 TFSI クワトロ 4WD 2018年01月~  1140万円(税込) 4WD フロア8AT
3.0 TFSI クワトロ 4WD 2018年01月~  1140万円(税込) 4WD フロア8AT
4.0 TFSI クワトロ 4WD 2018年01月~  1381万円(税込) 4WD フロア8AT
4.0 TFSI クワトロ 4WD 2018年01月~  1381万円(税込) 4WD フロア8AT
L 4.0 TFSI クワトロ 4WD 2018年01月~  1580万円(税込) 4WD フロア8AT

A8の他のモデル

2018/01~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2015/08~2017/12 フルモデルチェンジ一部改良 エントリーモデルにも最新のヘッドライトシステムを採用  
2015/01~2015/07 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/08~2014/12 フルモデルチェンジ一部改良 最新の安全装備が標準化された  
2014/04~2014/07 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2014/03~2014/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 新デザインのフロントフェイスを採用  
2012/09~2014/02 フルモデルチェンジ一部改良 ダウンサイズユニットを採用  
2010/12~2012/08 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ラグジュアリークラスに新たな価値を提案 モデル一覧→
2009/01~2010/11 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2008/08~2008/12 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2008/01~2008/07 フルモデルチェンジ一部改良 地デジも見られるMMIを標準採用  
2007/01~2007/12 フルモデルチェンジ一部改良 ユーロ高により価格を改定  
2006/08~2006/12 フルモデルチェンジ一部改良 新エンジンの追加と装備の充実  
2005/06~2006/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
2004/02~2005/05 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ スポーティサルーン実現のためアルミ素材を多用 モデル一覧→
2000/09~2004/01 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備の充実  
1999/08~2000/08 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と4.2Lエンジンの変更  
1998/06~1999/07 フルモデルチェンジ一部改良 ナビゲーションシステムの変更  
1996/10~1998/05 フルモデルチェンジ一部改良 新エンジンを追加と装備の充実  
1995/10~1996/09 フルモデルチェンジ一部改良 装備の充実化  
1995/05~1995/09 フルモデルチェンジ新車リリース アルミ素材を多用したフラッグシップモデル モデル一覧→
 

クルマニュース

見る者をひきつける新型アウディ A8は、まだまだ進化し続けている

▲フラッグシップサルーンの第4世代。標準仕様とロングホイールベースが用意された。まずはマイルドハイブリッド(MHEV)のガソリン&ディーゼルエンジン搭載モデルのみがラインナップされているその「先進感」の決め手は技術力と柔軟性躍動的なクーペ風フォルムが、まずひきつける新型アウディA8。この姿は、今後のアウディ・デザインの方向性を示しているという。インテリアも同様だが、あるいはこちらの方がインパクトは大きいかもしれない。 従来、ジョグダイヤルや多数のスイッチで操作していたMMI=マルチメディアインターフェイスが、すべてを2枚のタッチスクリーンに集約したMMIタッチ レスポンスへと置き換えられ、がぜんミニマルな意匠へと変身したのだから。 誰もがスマホを使う時代の、最も親しみやすい入力形態は、確かにコレ。変化はまさに英断だ。 これまでこだわってきたアルミニウムだけでなく、熱間成形スチールやマグネシウム、CFRPなどを適材適所で使うことで車体の一層の軽量化、高剛性化を達成したのも、これまた英断。 柔軟な発想が進化につながっている。 乗り味はとにかく静粛で、滑らかで、パワフル  ・・・続きはこちら
(18-04-27)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索