中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  アウディ >  A4
A4「アウディ」のカタログ情報!

A4のカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年10月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
447万円~679万円
JC08モード燃費
15.5km/L~18.4km/L
10・15モード燃費
排気量
1394cc~1984cc
最高出力
150ps~252ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4735mm×1840mm×1430mm/他
乗車定員
5名


A4のグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.4 TFSI 2016年10月~  447万円(税込) FF フロア7AT
1.4 TFSI スポーツ 2016年10月~  478万円(税込) FF フロア7AT
2.0 TFSI 2016年10月~  518万円(税込) FF フロア7AT
2.0 TFSI Sラインパッケージ 2016年10月~  611万円(税込) FF フロア7AT
2.0 TFSI クワトロ 4WD 2016年10月~  597万円(税込) 4WD フロア7AT

A4の他のモデル

2016/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2016/02~2016/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ テクノロジーとデザインの美を融合させたミディアムセダン モデル一覧→
2015/01~2016/01 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/04~2014/12 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/04~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 エントリーモデルの装備を充実  
2012/04~2013/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 環境性能、安全性能を向上  
2009/12~2012/03 フルモデルチェンジ一部改良 最新世代のHDDナビを搭載したMMIを標準装備  
2009/08~2009/11 フルモデルチェンジ一部改良 全グレードの装備を充実化、3.2FSIクワトロの燃費を向上  
2009/01~2009/07 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格改定とラインナップを充実  
2008/03~2008/12 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ スポーティさを強めた、ブランドのプレミアムな主力サルーン モデル一覧→
2007/09~2008/02 フルモデルチェンジ一部改良    
2007/01~2007/08 フルモデルチェンジ一部改良 ユーロ高により価格を改定  
2006/07~2006/12 フルモデルチェンジ一部改良 新グレードの設定と装備の充実  
2005/09~2006/06 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実  
2005/02~2005/08 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ アウディの主力セダン モデル一覧→
2004/07~2005/01 フルモデルチェンジ一部改良 一部グレードの仕様変更  
2004/02~2004/06 フルモデルチェンジ一部改良 新グレードを追加  
2003/09~2004/01 フルモデルチェンジ一部改良 装備の充実化  
2002/10~2003/08 フルモデルチェンジ一部改良 03年モデルを発売  
2001/06~2002/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ アルミ素材を使用しスポーティさがアップ モデル一覧→
2000/09~2001/05 フルモデルチェンジ一部改良 装備の充実  
1999/10~2000/08 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備の充実  
1999/06~1999/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更  
1998/01~1999/05 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備の充実と仕様変更  
1996/09~1997/12 フルモデルチェンジ一部改良 装備の充実とエンジンの出力変更  
1995/10~1996/08 フルモデルチェンジ新車リリース 80の後継となるアウディの中心モデル モデル一覧→
 

クルマニュース

アウディA4はキープコンセプトながら全方位の進化を遂げたモデルである

▲進化型の「MLB evo」プラットフォームにより大幅に軽量化。また最新の予防安全技術アウディプレセンスが搭載された点も◯。気になるのはFFベース車でも500万円を超えること。廉価版の登場を待つか、クワトロ狙いならいっそSモデル待ちか、悩ましいじわじわ効いてくる、全方位の進化一見しただけではフルモデルチェンジの新型だと気づかないかもしれない。外観はそれくらいにキープコンセプトである。しかしながら、そこは基幹モデル、微に入り細に入り手が加えられている。アウディの特徴であるシングルフレームグリルやヘッドライトはぐっとシャープなデザインになった。マトリクスLEDヘッドライト装着車では上位車種と同様ダイナミックターンインジケーター仕様になり、ウインカーが流れるように点滅する。車内に乗り込もうとドアハンドルに手をかけると、水平ではなく斜め上方へと引くことで、軽い力でドアが開くよう改良されていることに気づいた。インテリアは水平基調のシンプルかつモダンなデザインで、新デザインのシートの座り心地もいい。着座すると目にとびこむのがTTで初めて採用されたバーチャルコックピットだ。  ・・・続きはこちら
(16-03-26)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索